IPOをNISA口座に入れる時は何ポイント使う価値があるか

SBI証券のようにポイント制を導入している証券会社の場合、ポイントに応じてIPOが優先配分されることがあります。
そのため、初値が高騰することが期待されるIPOを申し込んでNISA口座に入れて売却をすれば、大きな利益を無税で手に入れることができるということになります。
株の売却益は20パーセントほど税金を取られますから、NISA口座に入れることができれば売却益がさらに20パーセントほど増加するのと同じことになるため、非常にお得なものとなります。

特に人気のIPOともなれば初値で100万円近い利益がでることもありますから、20万円近い節税効果が生まれることもあるのです。
そこで、NISA口座にいれたいと考えるIPOをポイントで獲得しようと思ったときには、何ポイント使う価値があるのかということを考えて申込みをする必要があるのです。
何ポイント使う価値があるのかよく考えずに、それまで貯まったポイントを投入して数万円程度の利益がでなければ、より有望な銘柄を手に入れることができた可能性があるにもかかわらず、数万円の利益で終わらせてしまうことになるため損をしてしまうことになります。
そのため、申し込みの前には何ポイントまでであれば投入をするだけの価値があるのか十分に考え、またそれで確実にIPOを獲得することができそうかどうかということを判断しながら申し込むことによって最大限にNISA口座のメリットとポイント制のメリットを活かすことができるのです。

IPOを狙って獲得することができる機会というのはそれほど多いものではありませんから、ポイントを利用するときにはよく考えてから使うことが重要なことになるのです。

ページトップへ