IPOは取消をした人がいれば補欠で当たることも

IPOに当選をすれば銘柄にもよりますが、リスクを少なく大きな利益を期待することができます。
株価の予想というのは基本的に難しいものですが、IPOに関しては公開価格を上回るかどうかという点に関しては高い確率で予想をつけることができる銘柄も少なくなく、公開価格を下回るかどうかという予想は難しいにしても、初値が公開価格を上回るのはほぼ確実という銘柄を見抜くことはそこまで難しくありません。

プラチナチケットと呼ばれるようなIPOというのはその名の通り、希少価値が高く入手困難であるため初値高騰が約束されているものも多くありますから、そのような銘柄を取得できれば確実に利益を手にすることができるということになります。
そのため、このような銘柄は激しい争奪戦が繰り広げられることになり、簡単には当選することがありませんが、IPOであっても稀に購入を取消した人がでることによって、繰上げで当たるということもないわけではありません。
現実的にはプラチナチケットクラスの銘柄を取消するという人はよほどのことがない限りいないわけですし、更にそこから繰上げで当たるということも非常に低い確率ではあるのですが無いわけではありません。
取消をする人の理由というのは様々ですが、公開価格を割ると感じて取消す人もいれば資金がなくなってしまって泣く泣く取消すという人もいます。
そのような人がいた時に補欠になっていれば、繰上げによって当たることもあるのでIPOというのは、完全に落選が確定する段階までは望みがあるということになるのです。
ただし、プラチナチケット以外の賛否両論がある銘柄に関しては繰上げで当選することは珍しいというほどでもありませんが、当然このような銘柄の場合にはリスクもつきまとうということを覚えておく必要があります。

ページトップへ